ヒナタ ナルト 小説

Feby 8, 2020
ヒナタ ナルト 小説

ヒナタ ナルト 小説

 · "金の獅子黒の姫獅子" is episode no. 1 of the novel series "金の獅子黒の姫獅子". It includes tags such as "NARUTO", "逆行" and more. 「子供の頃は、生きるのも辛かったこの里だったけど、今はとても穏やかな気持ちだってば、これもヒナタのおかげだってばよ」 そう言って微笑むのは、火の国・木ノ葉隠れの七代 ...

ナルヒナ(夫婦)、オリジナル人物(未来設定) ふしぎなくすり 2 (全2話) ヒナタ→←ナルト、サクラ ※2はヒナタのキャラ崩壊注意! ソレ ナルヒナ。ナルトの独白。拍手お礼小話第1弾。 ちびヒナタ ヒナタが突然小さくなっちゃった!

完結しました! 七代目火影として木の葉の為に頑張っていたナルト。 しかし、その生涯は唐突に終わりを告げる。 ナルトの魂が燃え尽きるその刹那、六道仙人の協力により…

 · The 小説 "召しませ恋文" is tagged "ナルヒナ". 柔らかな朝日に照らされたキッチンで、小さくハミングしながらパタパタと淀みなく動く。お鍋も調味料も大型の冷蔵庫も、自分の城の大切な仕事道具。主のうずまきヒナタには、何処に何があるか目を瞑っていても分かる。

ナルトの最終話で主人公ナルトと結婚して名実ともにヒロインになったヒナタ。 その後の外伝でも登場するボルトやヒマワリなど、子どもにも恵まれて幸せな家庭を築いた。 しかし、「ヒナタの幸せ」は元々は予定されていたものではなかった… その要因は少年

みんなの祝福を受け、ナルトもヒナタも少し頬を赤らめながら喜びを表す それからは、ナルトは男性陣に、ヒナタは女性陣になれそめを聞かれたり、どこが好きなのか聞かれたりと定番と言えば定番のやり取りで、飄々と話すナルトに対し、ヒナタは ...

仕方ないのでナルトとヒナタは日向の屋敷に向かった 「失礼します。綱手様、先ほどナルト君とヒナタさんを見かけましたが、任務のほうはどうでしたか?」 「はずれだよ。それよりシズネ。あれを準備してもらっていいか?」 「あ、もしかしてナルト君 ...

ヒナタ ナルト 小説